MacBook Pro16のデュアルディスプレイ

カオデカハック

【超快適】MacBook Pro16と古いiMac2011(21.5インチMid)のデュアルディスプレに必要な物と設定も紹介するよ。

あれは、寒い日だった。

 

初代MacBook Proが「もう限界だ」と永眠についたのは。

2代目としてMacBook Pro16が我が家に届き兄貴分でもあるiMac2011と鎮座した。

 

MacBook Pro16は、確かに画面はでかい。

映画やYouTubeを観るだけなら充分なサイズだが、動画編集やブログ執筆やwebライターの仕事にはSafariを新規ウィンドウを2つ、3つやGoogleChromeなどと開いておくものが多く狭くなる。

 

そこで、MacBook Pro16をメイン機としてiMacをサブのデュアルディスプレイ化計画を遂行。

ここまでの道のりは簡単ではなかった。

本記事がおすすめな方

  • 2016年よりも前のモデルのiMacを持っている方。
  • MacBook Pro16と古いiMacでデュアルディスプレイをしたい方。

この数ヶ月間Amazonや楽天などのネットを徘徊し、レビューブログやYouTubeで探す日々にようやく終止符を打つことができた。

きっと同じように古いiMacが使えるものだからと持っている方の有効活用の1つとなると記事にしました。

本記事でわかること

・デュアルディスプレイに必要なもの

・デュアルディスプレイの設定方法

・サラウンド設定方法

 




 

 

 

MacBook Pro16と古いiMacのデュアルディスプレイがついに完成

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイできた

カオデカ
画面が広いって使いやすい

メイン操作はMacBook Pro16。

サブディスプレイがiMac2011。

※写真の「デュアルディスプレイ」が「デュアルデスプレイ」になっていますが、後々修正しますのでご了承ください。

 

Macのデュアルデスプレイに必要なものは、2つだけ

1つ目は、MacBook Pro16側に接続するThunderbolt3(USB-C)

Apple社純正になりお値段はAmazonで5000円、ヤマダ電機では5200円ほどでした。

コードを繋ぐだけで5000円は高いので、純正でもなくてもいいとAmazonや楽天などで探しだすと、USB-Cタイプのハブが数多く出てきて「これ使える?」と無駄な買い物になるので純正品を買ってしまうのがベストです。

 

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイコード

iMacに接続する側(出力)の接続部分は、下記の写真の形になります。

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイコード接続

 

Amazonで探す時は「Thunderbolt3(USB-C)」と検索してください。

面倒な方は、下記の商品紹介から販売ページに直接いけます。

 

 

iMacに必要なThunderbolt2「CalDigit」のコード

こちらは純正品ではなくて大丈夫です。

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイコード2

 

iMacとの接続部分は下記の写真です。

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイiMac接続部分

 

 

Thunderbolt3の太い方とThunderbolt2は写真のように接続します。

Thunderbolt2(黒いコード)の入出力は決まってないので、どちら側でもさせばオッケーです。

 

MacBook Pro16と古いiMacデュアルデスプレイコード接続

 

デュアルディスプレイ用コードが2本必要になり、純正のThunderbolt3が約5000円でThunderbolt2が価格が変わりますが、約3500円(買った時は2000円ぐらいだったような・・・)の合計約8000円の予算です。

「これ使える?」と何本も買って使えないとなるよりは、ご紹介しているセットが無難になります。

 

カオデカ
コード1本で終わらせたい気持ちで、探して色々買わないでね。

 

MacBook Pro 16側はThunderbolt3をさすだけ。

 

MacBook Pro16USB-C

この状態で準備完了です。

新しいアプリをダウンロードする必要もありません。

 

iMac側のコードは雷マーク?にさす。

 

iMac裏側

iMacの裏側のUSBなどが並んでいる雷マークの部分にコードをさします。

 

iMacデュアルデスプレイ

 

 

コードを繋いだら、iMacの「command F2」を押すべし

 

コードが繋がったら、MacBook Pro16、iMacが電源が入っている状況にします。

ここ重要です。

サブとなるiMacのキーボードで「command +F2」を同時押し。

間違ってMacBook Pro16の方を押すと、MacBook Proがサブディスプレイになります。

 

Macデュアルデスプレイ

 

iMacのサブディスプレイ解除も「command +F2」を同時押しになります。

 

デュアルデスプレイの設定方法

初回のみ設定が必要になり、1度設定すれば2回目以降からは設定なしで使えます。

ここから、写真付きで順番に解説していきます。

step
1
システム環境設定を開く

 

環境設定

 

step
2
下部にある「ディスプレイ」をクリック

 

 

2-1 デュアルデスプレイになってない設定画面がこちら。

システム環境設定ディスプレイ

 

step
3
デュアルディスプレイができていると中央部分に「配置」は表示される

上部に白いバーがあるのが、メインディスプレイ(MacBook Pro16)、白いバーがないのが、サブディスプレイ(iMac)。

 

iMac側の配置は、動かせるのでご自身のパソコン配置に合わせて変えてください。

デュアルデスプレイ時のディスプレイ設定

 

step
4
デュアルディスプレイ後に環境設定がiMacの画面に表示される。

 

システム環境ディスプレイ

 

step
5
iMacの画面のカラー設定ができるので、MacBook Pro16と合わせる。

 

カラー設定

以上が、デュアルディスプレイの画面設定になります。

 

デュアルディスプレイのサラウンド設定

サラウンドは、MacBook Pro16かiMacで選ぶことができます。

デュアルディスプレイにしたからといってiMacのサラウンドがよくなるわけではないので、MacBook Pro16のスピーカーがいいです。

カオデカ
スピーカーはMacBook Pro16だよね。

 

デュアルデスプレイ音設定

 

 

MacBook Pro16と古いiMacのデュアルディスプレイ必須商品

 

USB-AがついているMacBook ProとiMacをデュアルディスプレイしたい方はこちら→MacBook ProとiMacの「デュアルディスプレイ」はコード1本で超簡単。

 

MacBook Pro16のハブをお探しの方はこちら→MacBook Pro16のハブがやっと見つかった。「MixMart USB C ハブ」を紹介。

 

MacBook Pro16のケースをお探しの方はこちら→MacBook Pro16買うなら、必須で、絶対に一緒に買うべき2つを紹介します。

 

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カオデカ

カオデカ

90kgのダイエットに成功し、本当に意味ある使えるダイエット情報・筋トレ情報を発信。 元調理師で愛機SONYα6500とMacで web運営・動画制作・動画マーケティングもしている会社員。 ブログ名の「カオデカ」は頭回りが58cmもあり、顔のデカさが個性でもあることに由来します。

Copyright© カオデカ.net , 2020 All Rights Reserved.