スポーツジム選び方

ダイエット

【徹底解説】迷わない、挫折しないスポーツジム選びの3つのポイント

2018-05-24

こんな方におすすめ

  • スポーツジム探しをしている方。
  • スポーツジムに、これから通うと思っている方。
  • スポーツジムをどう選べば良いか?迷っている方。

スポーツジム選びって迷いますよね!!

この記事では、スポーツジム選びで悩んでいる方に向けた「スポーツジムの選び方」を公開します。

 

私は2か月半も迷いました・・・近所に8カ所もあって。
 
 
ホームページや口コミを見たりしてましたが、グルグルと分からない渦にハマっていく一方でした。

 

結局、2カ月も迷って、やっと自宅から徒歩3分のジムに通いはじめましたが半年後にフリーウェイトが充実しているジムは移りたいと思って、1か月ぐらい迷って今のスポーツジムに変えました。

 

人生で数回スポーツジムを変えてますので、その経験や実体験で学んだことをまとめました。
 
 
スポーツジム選びに、迷っている方の参考になればと思います。
 
 




 

 

スポーツジムが多様化しすぎが、迷う1番の理由

 
 
スポーツジムもライザップのようなパーソナルジム、うん十万円の高額ジムから1回300円〜500円の行政がやってる市営ジムまであります。

 
 
また各スポーツジムでプール・筋トレ・スタジオと、スポーツジムがメインで力を入れている部分で、設備も会員層もまったく違います。

 

プールやスタジオに力を入れていると筋トレ設備が弱いや、会員層がご高齢者が多い、筋トレメインのゴールドジムになるとマッチョが多いなどあります。

各種スポーツジムの特徴

ライザップや個人で行っているパーソナルジム

金に糸目はつけないで本気で痩せたい人、マッチョレベルの筋肉をつけたい人向け。

高額でマンツーマンで食事からトレーニング方法、栄養知識なども教えてくれます。

 

一般的なスポーツジム

コナミスポーツ、セントラル、ティップネスなど、一般的に言うスポーツジム・フィットネスクラブと言われます。

有酸素運動・筋トレ・スタジオはどこにジムにもあり、お風呂がシャワーだけや健康ランドのような施設もあります。

ダイエットから筋トレまでオールマイティーに活用でき会員さんも年齢層広いです。

各スポーツジムを運営する企業により、特色があります。

ネット情報だけじゃなく、見学して目で見ることで、スポーツジムの実際の大きさ、設備、そこにいる会員さんの雰囲気と言ったホームページでは見れない部分が見れます。

 

行政が運営するジム

1回500円程度で施設を利用できます。

通う自信のない方・週に1回行けて2回という方・会費を安く済ませたい向け。

マシーン系の数は少なく、ストレッチエリア、フリーウェイトスペースも狭いです。

また市によって、設備の充実度や施設の清掃に違いがあります。

 
 
 

スポーツジムに迷ったら「まずは見学に行くべし」

ホームページや口コミサイトを見る時間がもったない!!

まずは、見学に行くべし。

 

 

スポーツジムに見学に行くのが、迷う時間を減らす最速の方法です。

 

一般的なスポーツジムは随時見学ができ、パーソナルトレーナーになると予約して見学になります。

 

ここからは「一般的なスポーツジム」について解説します。

 

見学の時は、営業時間内であれば、あなたの都合で行って平気です。

(電話すると「お好きな時にどうぞ」と言われます)

 

いきなり行って受付の人に「見学したいんですが・・・」と言えば、優しく爽やかな笑顔で「大丈夫ですよ、こちらへどうぞ」となります。

カオデカ
私は、予約も電話もせずに行っても断られた経験はありません。
 
 
ほとんどのスポーツジムでアンケートが出せれるので、2つ3つ簡単な質問に答え、スタッフの方と一緒に施設案内がスタートします。
 
 
「何にも分からない」と正直に言って、案内してくれる人にお任せましょう。
 
 

候補として2、3カ所ある方

見学は20分〜30分ぐらいで終わるので、家電をみる感覚で、気になるスポーツジムを巡りましょう。

 

会費、施設の綺麗さ、従業員の対応など比較ができます。

 

各スポーツジムでプール、筋トレエリア、ヨガなどのスタジオだったりと、主力が違うので自分の目的にあったところを選びましょう。

 

「でも、初めてで1人で行きにくい」という場合

友人や知人でスポーツジムに通っている人に、同伴をお願いしましょう。

 

通っている人なら、いいアドバイスをくれます。

 

あなたに変わって、質問もバンバンしてくれるでしょう。

終わったら、帰りにコーヒー1杯も奢れば、喜んで一緒に行ってくれます。

スポーツジムの見学中に「見る聞く4つのポイント」

カオデカ
見学は「自分が通うであろう」時間帯と曜日に行くのがコツ。

自分が通った時のイメージしやすいし、混雑どんな人達がいるのかも確認できるよ 

 
 

 

見学時の4つポイント

  1. 混雑状況
  2. 設備
  3. 風呂・更衣室・トイレ
  4. 営業時間と休館日

では、各ポイントを解説していきます。

 ポイント1 混雑状況

自分が通うであろう時間帯の混雑状況は、確認しましょう。
 
スポーツジムが混む時間は、17時以降で21:00頃は会社員の方々が 

混んでると、マシーンは使えないで待ち時間が多くなります。

また、スタジオも人が多いと争奪戦になって並んだりします。
 
 
会社帰りなどの限られた時間ですから、有益に使えるようになるべくは混雑は避けたいところです。

 

「何曜日が混みやすいか?」
「何時ぐらいが混みやすいか?」
など聞いておくといいです。

 

事前に混雑な時間帯を知っておけば、混雑をしてマシーン待ちの時間が長い・スタジオに入れない・スタジオに入ったけど人が多いといったことが避けれます。

 

そうは言っても、仕事をしていると、どうしても混雑時間帯にブチ当たります。

そんな時は「マシーンが使えない時にどうするか?」と考えて、トレーニングメニューを臨機応変に対応するしかありません。

ですので夜などの混雑帯に通う方は、絶対にこのメニューの流れと意固地にならずに色々なパターンを用意しましょう。
 
 

ポイント2 設備

ここに注目

  • 有酸素マシーンの台数
  • 筋トレ系マシーンの種類
  • フリーウェイトの種類とスペースの広さ
  • ストレッチする場所の広さ
  • スタジオの数(2つあればオッケー)と広さ

 

 

これからスポーツジムに通う人は、マシーンの多さや広さの点は分からないと思うので、2〜3箇所のスポーツジムで比較しましょう。

「あっちのジムのほうが広い」「こっちのジムのほうがマシーンが多い」をポイントにチェックしましょう。

 

スポーツジムの設備・施設は

  • 広い
  • 数が多い

ほうを選んでおけば、混雑時に待つ時間、広さがあれば窮屈感やストレッチエリアやスタジオで他の会員さんと近いといったことが減ります。

 

 

ポイント3 お風呂・更衣室・トイレ

「それなりの会費を払っているんだし、綺麗にしてるだろう」の予測は危険。
 
 
私は「ボクシングって痩せそう」とボクシングジムに見学に行った時ですが、月会費1万4千円近く払うのに、汚く狭いロッカールームに、汚くはないが生理的に嫌だなっと思うシャワー室が1つだけがありました。

 

「ここはないわ」となり以降のジム見学の際は必ず更衣室とお風呂はチェックしてます。
 
 

お風呂に関しても、健康ランドのようにサウナも大浴場もある施設からシャワーだけと様々。

 

私は、汗が流せればいいのでこだわりはありませんが、お風呂も充実してほしい人は必ず見ておくことをオススメします。
 
 
更衣室やトイレは、不特定多数の人が使っているので、多少の汚れや清掃が行き届かないのは仕方がないことで通っているうちに慣れてきます。

 

ポイント4 営業時間と休館日

最近は24時間営業も増えてきました。と言っても、やはり朝から23時前後の営業時間が圧倒的に多いです。
 
 
また曜日、時期によって営業時間が変更したりとスポーツジムによって色々あります。

 

カオデカ
営業時間はホームページでも確認できるので、見学前にチャックしておくといいですね。

 

 

休館日も大事です。

休館日は、毎週木曜日と決まっているところもあれば、不定期な休みにしているところもあるので、見学の際にスタッフさんに聞いてみましょう。

HPに載ってますが、連休中や祝日、年末年始の時の場合など、より詳しく教えてくれます。

どんなに、ぴったりなジムだと思っても、
「営業時間内に行けない」
「休館日が、自分の休みと同じ」では続けられないし、会費をもったいないですからね。
 
 

スポーツジムを選ぶ時の大事さNo.1「通いやすさ」

スポーツジムに通うなら、

  • 自宅から通う。
  • 会社からの帰宅途中で通う。

どちらかに、決めましょう。
 
 

「自宅から通う」「仕事帰りに通う」かを決めた方が、スポーツジムの選択肢が限定されて選びやすくなります。
 
 

自宅から通う場合

車は使わずに、徒歩か自転車で「ささっと」いける距離がいいです。

ポイントは「ささっと」。
 
 
「ささっと」行けない距離だと、スポーツジムに行くことが習慣になる前に「歩く距離が長い」「時間かかる」「行くまでが面倒」と通わない原因になります。
 
 
人は、基本的に面倒だと思うと行動しなくなるで、自分が面倒にならない時間で行ける場所にしましょう。
 
 
車の方は、駐車場の確認と渋滞がない裏道を知っておくとストレスなく通えます。

 

駐車場利用は、3時間ほどの時間制限内や何時間でも完全無料とスポーツジムで違うので、ホームページか見学に行った際に「駐車場と駐車料金」は確認しましょう。
 
 

会社からの帰宅途中で通う場合

会社帰りにスポーツジムを選ぶポイントは2つです。

自宅に近い駅周辺にあるジム

ジムの荷物を持って、トレーニングの疲れもあるのに、満員電車は辛いし、電車に乗ってる時間は短くすることをオススメします。

 

駅から近いジム

スポーツジムが駅から遠い場所にあるよりも近場です。

駅から5〜10分で行ける距離がベストで、駅ビル内もいいんですがビル自体の閉館時間が早いとスポーツジムの営業時間が早く終わる可能性があります。

 

 

ホームページの地図で見ると「駅から近いそう」と思っても実際に歩くと、思ったより距離があるなんてオチもあるので見学に行く時にチェックしましょう。

 

 

この選び方はやめよう(幽霊会員になるぞ)

  • 「家から遠い」
  • 「会社から、わざわざ別の電車に乗って行く」
  • 「車で1時間以上かかる」
  • 「駐車場が混雑してる」
  • 「駅から遠い」

※幽霊会員とは・・・会費だけ払ってジムに来ない人達の総称。

 

スポーツジムの後に電車に乗るなら「下着を忘れずに!!」

会社帰りに、スポーツジムに行く人は、下着は絶対に忘れないでください。

カオデカ
え????

まじか!!!!

パンツがないぃぃぃ!!!

 

「バックに下着が入ってない」を何度やったことか。

 

シャワー後に、汗まみれのパンツは履きたくないので、ノーパンで帰ることになったことか。

ノーパンで電車に乗るのは恥ずかしいので、忘れずに持っていきましょう。

 

 

スポーツジム選ぶ時の大事さNo.2 会費

ここに重点を置く人も多くいると思いますが、私個人としては2番目
 
 
なぜなら会費が安くても高くても、通い続けることができないと意味がないです。

 

スポーツジムの会員は大雑把ですが、4種類程度に分かれてます。

  • 正会員(曜日、時間関係なしで利用できる)
  • デイ会員(平日の昼間のみで土日は利用不可)
  • ナイト会員(平日の夜のみで土日は利用不可)
  • 数店舗あるスポーツジムで、他の店舗でも使える会員

 

他には年齢分けなどもあり、利用する曜日・時間帯で会員の種類も会費も全く違います。
 

カオデカ
おすすめは、正会員(レギュラー)です。

曜日の縛りなし・営業時間内なら、いつでも好きな時間で利用できるもの会員なら、休館日以外でスポーツジムにいける時間でトレーニングができます。

 

参考にスポーツジムの会費表をピックアップしました。

スポーツジム会費
スポレッシュ本川越店
 
 
スポーツジム会費
フィットネスNAS
 
 
スポーツジム会費 
 
コナミスポーツ
 
 
写真以外のスポーツジムも調べたところ、月1万円〜1万5千円が平均です。
 
 
約1万円として年間で考えると12万円

 

ボーナスがあれば払える金額ですから、そこまで気にする必要はありません。
  

「そうは言っても、月会費1万円で年間12万円は・・・」と悩む方は

・会費の安い時間帯に、曜日を限定する。
・公営ジムの1回、1回での利用料金を払うところにする。
 
 
コナミスポーツの「都度利用プラン」で計算すると、1番安い月会費が9655円。

 

都度利用プランで1番安いのは1836円なので、 5.3回以上通うなら月会費がお得になります。

コナミスポーツ会費ページ

月に5回、週に1回以上通うなら、月会費にした方がお得ですね。

 

通える自信がないし、と悩む方は

・公営ジムで試してみる。
・自宅周りでランニングから始めてみる。

 

通える自信のない方は、まずは運動習慣を身につけることから始めてみよう。

 

週に何回かはランニングに行けるようになる、運動もいいねとなってから、スポーツジムに通うことをオススメします。

運動習慣がないと、「仕事が忙しい」などの理由で徐々に通わなくなるので、まずは運動をしましょう。

また、実際にスポーツジムに通ってみたら、週1回程度で、週2回とか通えるほど時間がないといったこともわかってきます。

 

ついつい月会費だけに意識が行きますが、通いだしてからも【月会費だけじゃない】スポーツジムにかかる意外な費用が発生するので知っておきましょう。
 

 

まとめ

見学・通いやすさ・会費の3つを抑えれば

自分の生活圏。

仕事とプライベートとの時間の割合。

スポーツジムとの相性。

さえマッチすれば、選択肢は決まってスポーツジムが、すんなり決まります。

 

 

カオデカ
スポーツジムに通うのって、分からないことが多くて、悩んだり迷ったりします。

 

見学に行くだけでもドキドキですが、通っているので断言できます。

 

スタッフも、スポーツジムに通っている方も、みんな優しいですし、先にいる人たちも、初めての日があったんです。

ジム内のマシーンの使い方やスタジオの参加の仕方など、「こんなこと聞いていいのかな?」ということや、分からないことはスタッフに聞けば笑顔で教えてくれます。

緊張するのは最初の何回だけですので、1歩を踏み出しましょう。

 

 

合わせて読みたい、ダイエット関連記事

 

【体重計は捨てろ】90kgデブから3ヶ月で脱出した男のダイエット方法。

そのランニングでは痩せない。体脂肪が11.7%減になる正しいランニング方法

置き換えダイエットは【我慢しないで痩せる】糖質置き換え食材9つを紹介

スポーツジムで買ってよかった【おすすめ】便利グッズ

【ダイエットの必修科目】体幹トレーニング!自宅でも出来るオススメグッズ5選

TRXトレーニングが腹筋や体幹トレーニングに超オススメ

スポーツジムに必ずいる【迷惑で非常識な人達】にならないようにしよう

【筋トレの勉強】に本当に使えるオススメ本19冊を厳選。自己流からの脱却

腰痛持ちが教える!腰が痛くない腹筋トレーニング動画とマシーン1つを紹介。

実は恥ずかしい!スポーツジムの服装で着ていると恥ずかしい服装を教えるよ。

男の匂いは強烈!スポーツウェアの汗臭い独特な甘酸っぱい臭いの取り方

筋トレで男らしい腕を作れ!腕のトレーニング動画特集!超オススメ16本

筋トレ初心者の頃に【胸のトレーニング】で超勉強になった動画20本のまとめ

筋トレ初心者の頃に勉強になった背筋トレーニング動画特集!オススメ19選。

結ばない靴紐でスポーツジムの靴紐がほどけるイライラが消えめっちゃ快適すぎる。

川越の数あるスポーツジムでスポレッシュ本川越店を選んだ理由

オークスポーツクラブ川越に半年間通った男の超リアルな口コミ

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カオデカ

カオデカ

90kgのダイエットに成功し、本当に意味ある使えるダイエット情報・筋トレ情報を発信。 元調理師で愛機SONYα6500とMacで web運営・動画制作・動画マーケティングもしている会社員。 ブログ名の「カオデカ」は頭回りが58cmもあり、顔のデカさが個性でもあることに由来します。

Copyright© カオデカ.net , 2019 All Rights Reserved.