AMP対応の自分の記事を見たら衝撃すぎてWord Press「アフィンガー5」のAMP対応をやめた話。

ブログ(WordPress)

AMP対応の自分の記事を見たら衝撃すぎてWord Press「アフィンガー5」のAMPをやめた話。

2019-06-04

こんな方におすすめ

  • ブログのAMPをやめようかと思っている方。
  • ブログのAMPって必要なのか?と思っている方。
  • アフィンガー5をAMP対応した方がいいのか?やめた方がいいのか?と悩んでいる方。
  • これからAMP対応させようと思っている方

 

この記事では、私がAMPをやめた理由を「AMPされた記事」と「AMPされてない記事」の比較写真での差をお見せしながら話をしていくものです。

 

 

Googleのサーチコンソールに現れる「/〇〇〇〇-〇〇〇〇/amp/」

表示スピードが上がるってやつですよ。

 

WING(AFFINGER5)は対応しているし、サチコにも上がってきていい感じなんて思って、記事をチャックしてなかった。

先日から始めたリトライでページを開き、衝撃がはしった。

スマホを持つ手が震え、声にならない声が漏れてました。

 

カオデカ
な・な・なぁぁ・・・なんじゃこりゃ!まじかよ!

 

あなたは自分のスマホでAMPされた記事を読んだことがありますか?

 

もし、まだ読んだことがない方は、自分の記事をGoogleやYahooで検索してAMPされていることを確認してからページを開くことをおすすめします。

 

Word Pressテーマアフィンガー5アフィリエイト

 

AFFINGER5公式サイトはコチラ

 

AMPとは・・・

2018年8月から検索からの記事表示スピードが早くなると、Googleが推奨しているAMP

AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略で、モバイル末端でウェブページを高速表示させるためのフレームワークです。

カオデカ
検索時に、スマホで早く表示する仕様だね。

モバイルファーストを、Googleがやるよってことです。

 

AMP対応のサイトには、下の写真のように雷マークがつきます。

AMP対応している記事見分け方

 

 

 

AMPで起きた衝撃のトラブル

以前、スワローを使っていたが、AMP対応でSEOに強いと言われるWING(AFFINGER5)に変更した当ブログは、 WING(AFFINGER5)の設定で簡単にAMP対応にしていた。

 

順調にテーマ変更後の表示崩れを直しながらのリトライをしてAMP対応に変えていった。

 

そんな矢先に起きたトラブルでした。

 

 

Googleアドセンスが表示されない

 

AMPでアドセンスが表示されてない

ブログ収益で大きな割合を占める「Googleアドセンス」

 

AMP対応記事には、1個も表示されてない。

 

代わりに(adsbygoogle=win〜)push;の英語表記のみになってました。

 

カオデカ
ちょっと、待って。ちょっと待ってGoogleさん!

Googleさんが、勝手に変換するなら、アドセンスもそっちで対応して表示して!

 

当然ですが、アドセンスの収益は落ち、1日2000円近くあったものが、5月の終わりには100円いかない日々になったました。

 

 

Rinkerが表示されない

 

AMPでRinkerが表示されてない

物販の王道プラグイン「Rinker」

AMPでは、どこにいったの?どこにも表示されてない状態。

 

Rinkerの下の赤いボタンは、アフィンガー5の装飾タグで、AMPでは灰色ボタンと文字だけになっています。

 

カオデカ
これで、誰がクリックすんねん!

 

アドセンスに続いてRinkerまでも・・・泣きそうでした。

 

Rinker導入方法はこちら→Word Pressプラグイン「Rinker(リンカー)」超簡単!!導入から設定まで詳細説明 

 

目次が表示されてない

 

AMPで目次表示されてない

目次は、多くの人が使うプラグイン「Table of Contents Plus」です。

 

設定も初期の頃にちゃんとやっておいたもので、いじってもないけど、AMP対応で、何か設定ミスがあるのかと、小1時間ほど対応するがAMPページでは表示されてない。

 

カオデカ
もう・・・どうなってんだい!!

AMP対応ってなんやねん!

 

目次が表示されてないと気がついたときには、AMPにして「手塩にかけて作りあげている記事をめちゃくちゃにしやがって」と怒りさせ感じてました。

 

ブログのカラーがネズミ色やんけ

 

AMPでブログカラー表示されず

 

目次表示の件で、もしや他にもあるのか?と探すとブログカラーが全く反映されてませんでした。

h2もh3も、記事装飾全てのカラーがありません。

 

カオデカ
灰色ってなんじゃい

昭和初期の白黒テレビか!

 

プログラミンができたり、自作のブログテーマを作れるほど知識もないので、検索しても記事内の言っていることが全く分からないので、「もう〜無理だ」絶望してました。

 

 

AMPトラブルから、導き出した結論

 

AMP対応をやめる

 

  1. アドセンスの非表示
  2. Rinkerの非表示

上記の2点を考えると、今後AMPページが上位表示されても、1円も稼げないことになります。

(ネットにはA8などのアフィリエイトも非表示になっているという情報があります)

 

ブログは収益目的で行っているので、1円も発生しないのは副業として意味がありません。

 

WING(AFFINGER5)のAMP対応でアドセンスは、表示させることは可能です。

しかし、記事全てのアドセンスを張り替える作業量と、今後もブログカラーが灰色で、色々なものが表示されたりされなかったりの対応をすることを考えると、AMPのデメリットがデカすぎます。

 

 

AMPをやめて後の検索順位はどうなるのか?

AMP対応の WING(AFFINGER5)に変更して2ヶ月が経過した2019年6月3日にAMPを停止したので、検索順位がどうなるのか?PVがどうなるのかは、数ヶ月後に検証した内容を追記したいと思ってます。

 

ネットでの情報では、『AMPはSEOには直接影響しない』がほとんどです。

 

Googleの公式ブログでは以下のように言われているそうです。

有効で表示可能な AMP ページが含まれているかどうかは、検索結果ページでのサイトのランキングには一切影響しません。
違いは、サイトにAMP版が含まれていると検索結果にアイコンが追加されることです”

引用・参照→【AMPとは】Googleが推奨する理由やSEOへの影響を徹底解説

 

一方では、今のSEOというかGoogleが重要視しているのが「記事の表示スピード」なので、今は影響がなくてもゆくゆくは影響が出るのではないか?という予測もあります。

 

カオデカ
AMP対応をやめた人のブログを読むと、AMPに頼らずに表示スピードをあげる努力は必要になると。

 

検証前のカオデカの言い訳

当ブログ2019年3月のGoogleアルゴリズムのアップデートで、検索順位も1ページにあったのもが2〜3ページ、記事によっては圏外になりました。

テーマを「スワロー」から「WING(AFFINGER5)」に変更したことにより、さらにPVも順位も落ちました。

テーマ変更後はPVが落ちるが数ヶ月すると元に戻るということが多いそうなので、表示崩れなどのリトライに集中して静観してます。

 

 

 

Word Pressテーマアフィンガー5アフィリエイト

 

AFFINGER5公式サイトはコチラ

Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
カオデカ

カオデカ

90kgのダイエットに成功し、本当に意味ある使えるダイエット情報・筋トレ情報を発信。 元調理師で愛機SONYα6500とMacで web運営・動画制作・動画マーケティングもしている会社員。 ブログ名の「カオデカ」は頭回りが58cmもあり、顔のデカさが個性でもあることに由来します。

Copyright© カオデカ.net , 2019 All Rights Reserved.